101109151952年(昭和27年)

ぼくを気やすい隣人とかんがえている働き人よ
ぼくはきみたちに近親憎悪を感じてゐるのだ
ぼくは秩序の敵であるとおなじにきみたちの敵だ
「その秋のために」1952 「転位のための十篇」1953.9.1私家版詩集に収録

 秩序の敵であるとおなじにきみたちの敵だ」ということばを何度読み込んでいたものだろうか。独りで歩く吉本さんを思い浮かべてしまう。この孤立は大切なのだ。誰もがこの孤立を知るときがくれば、それはきっといいことなのだろうと思っているのだ。