201810220110120406 曹丕といいますと、どうしても陰険な人間と思ってしまうかもしれません。私がこのごろ読みました北方謙三「三国志」でも、どうしても曹丕の描き方は暗く陰湿な人間に描かれていたかと思います。
でも以下の詩を読んでみてください。そんな姿ではない曹丕が浮かんでくるかと思います。

釣竿 曹丕
東河濟越水 東して河済の水を越ゆるとき
遥望大海涯 遥かに望む大海の涯(ほとり)
釣竿何珊珊 釣竿(ちょうかん)何ぞ珊珊
魚尾何從從 魚尾何ぞ従従(註2)たる
行路之好者 行路の好者(註3)
芳餌欲何爲 芳餌(註4)何か為さんと欲する

(註1)珊珊(さんさん) 釣をする人が腰の帯びている玉のなる音。
(註2)從從(しし) 本当は上に竹へんがついている。魚の尾が濡れた。鳥の羽毛に似ているのを形容した。
(註3)好者(こうしゃ) 愛する女性。
(註4)芳餌(こうじ) 魚を釣るよい餌、愛する女性の歓心を買うための良い贈り物。

東に来て黄河や済水(わいすい)を渡ると
遥か彼方には大海のほとりも見える
そこには魚を釣る人がいて、その人の腰におびた玉はいい音でなり
魚の尾は濡れた鳥の羽のようでつややかに美しい
道を行く綺麗で可愛いお嬢さん!
あなたの心を得るのには私は何をあげればいいのだろうか

これは釣竿(ちょうかん)という題名で、釣り人を詩っているのですが、この釣り人を詩に扱うというのは、漢代から常に男女が相手を求めることを象徴しているものでした。だから漢代からたくさんの詩が作られていたようです。いわば、男女の求愛を詩にした歌謡曲といえるでしょうか。そんな誰もが詠う歌を、こうして曹丕はまた自分で詩にしたわけです。
綺麗な音の出る玉を帯びた男性が、鳥の羽のように綺麗な女性に求愛しているわけです。長年にわたり戦場におり、かつ非情な政治の世界を生きた曹丕ですが、こうした当時も今も誰もが持つ愛の感情を素直に詩にしているのです。(2002.10.14)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。