10121405 11月12日(土)に長女の高校の3者面談というのに行ってきました。長女のおはぎは、巣鴨の「東洋女子高校」です。午後2時40分から面談というので、お茶の水の会社事務所からあわてて行きましたら、ちょうど5分前に着きました。スリッパをもっていくのを忘れて、靴下だけで廊下をぺたぺた歩いて行きました。そのうち娘が自分のうわばきの片方を貸してくれました。
 教室の前で待っているのですが、まだ私たちの前の生徒親子も待っています。随分時間がかかり遅れているようです。娘の片方の上履きで、けんけんしながら歩いたりしていると、おはぎが「パパ、あちこち行かないで落ち着いて座っていなさい」といいます。
 おはぎのクラスの子に「おっすー」と声かけると「わーッ」と声を上げます。そのうちにおはぎの属するバレー部の女の子たちが、大勢で私を見に来ます。だいたいにお父さんが高校に来るのが珍しいのでしょうか。
 ちょうど「ダ・ル・マ・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ」の遊びのように大勢の女の子がそろそろとやってきます。私が手をあげて「おっーす」と声を掛けると、「ワーッ」と崩れます。そんなことを何度も繰返していました。ちょっと騒ぎすぎたかな。でもみんな明るい愉しい子たちです。
 そのうちに私たちの次の面談の親子も来まして、またいろいろ話かけます。自宅が日暮里の東口というので、「え、あのお菓子問屋のあるところ?」というと、え、よく知っているのねという顔になり、いろいろ話しました。とても綺麗な子です。お母さんも若かった。今度ウチに遊びに来てねといっておきました。
 どうやらやっと面談になりました。先生も若い女性の先生です。私と娘で、片足でけんけんして教室に入って行きました。けっこう愉しい面談でした、先生は若くて、しかも相手が中年のおっさんなので、最初は緊張していましたが、私がけっこういろいろ喋るので面白かったのではないでしょうか。いろんなお話しました。パソコン通信の話もしました。松戸自主夜間中学の話もしました。やっぱりパソコンをやるのを薦めてきました。3者面談の本来の内容は、進路(文系だ理系だとかの)のことです。そのこともいろいろ話しました。
 なんにしても、面談を終えました。それでみんなにお別れを言って、「そういえば本日のオフ会におくれちゃったな」とばかりあわてて柏に向ったのです。
 でも女子高校も面白いですね。次回も行こうと堅く思っています。