10122408 私の義姉は実に楽しい人です。名前を町子といい、みんなから「まっちゃん」と呼ばれています。
 つい先日、ウチの娘たちがこんなことを言っていました。

 おはぎ「ワタシ、ちっちゃいときに、まっちゃんって、歌手なのかな
        と思っていたの。だって、いつもいつも、大声で歌を唄ってい
        るんだもの」
 ブルータス「そうそう、まっちゃんはいつもどこでも大声で唄ってい
            た。しかも、だんだん大きくなって判ってきたんだけれど、
            まっちゃんの唄う歌は、歌詞がデタラメなの」
 おはぎ「そう、あんなにデタラメな歌を、あんなに大声で唄えるまっ
        ちゃんって、なんだかとっても不思議な人だった」

 娘たちは、私も妻も働いていましたから、保育園から帰ってくると、父と母の家で遊んでいました。そして義姉は、それこそ二人を自分の娘のように可愛がってくれました。そうしたときのそれこそ面白い出来事をたくさん聞いています。