11020803 娘二人が東京都文京区の教員になりましたもので、東京に住むということになりまして、それでいくつかの不動産屋さんにいきました。その一つ池袋のある店に6日土曜日に行きました。駅近くのビルの8階にありまして、若い社員が何人も働いています。私が学生の頃に部屋探しをしたときの不動産屋の雰囲気とはまったく違います。
 一番、「これは違うな」と感じましたのは、会社全体に音楽が流れていることです。私の妻も不動産屋で賃貸部門もありますが、こういう雰囲気には驚いていました。
 そこで、私はさまざまに思い出しました。会社で、こうした音楽をかけているところとかけていないところのことです。音楽ではなく、ラジオの音楽番組のみかけているところもあります。「あのデザイン会社は、いつも音楽がかかっているな。あの法律事務所は一切音楽なんかかかっていない……」と考え出していきますと、最初は職種によって違うように思い込んでいましたものが、いやそうではなく、ほぼそこの社長なり代表の年齢によることに気がつきました。代表の年齢が45歳を境にして、それ未満の場合は、ほとんど職場に音楽をかけているし、それ以上のところは音楽は一切なしです。ただし、これは私の知っている職場ばかりです。それから、接客として音楽を流しているところは、この例には入りません。デスクワークをしている職場で、音楽を流しているかどうかです。
 おそらく神聖な職場に音楽を流すなんて、まったく考えられない年代と、若い年代から音楽を流すことを当然に要求されて、すんなり了解する年代の違いなのかなと思いました。
 私はといいますと、私は30代前半に広告制作会社にいましたもので、そこではずっと音楽がかかっていました。クリエーターにとって、そうした環境が大事なようでした。そこの経験から、私はずっと職場では音楽を流します。ただし、流している音楽はかなり違います。CDでいいますと、私は高倉健や渡哲也の歌や、詩吟を流しています。ラジオのFMもよく流しています。
 私は音楽というのは、人間の右脳で聴きますから、べつにとくに仕事に差し支えるわけはなく、むしろ右脳への刺激で、いいことじゃないかと思っています。45歳以上の年代だと、音楽を聴くという行為がまだ「娯楽」だという観念があるのだと思います。娯楽は、満足に仕事を終えてからのものだという思いがあるのではないでしょうか。
 ただ、そうした音楽が流れていない職場には、私はいつもなんだか不満足です。今回それは音楽のせいなんだなと気がつきました。(2002.04.08)