11020908 私の周の掲示板に、江田明夫さんからの長文の書込がありました。何回かに分けて、ここでレスしていきます。

お久しぶりです。江田です。 投稿者:江田明夫  投稿日:2011年 2月 9日(水)04時38分59秒
   萩原さん、こんばんは。唐突ですが、私はかつて埼玉大学でしばし同じ時間を過ごしたことのある江田明夫です。覚えていますか?
当時教育学部の学生で、1年後輩で、69年の10.21で「ドジ」を踏んで、私も10ヶ月ほど中野で別荘暮らしをしました。と言ったらわかりますよね。
1年浪人をしたので萩原さんより1年後輩だったと思いますが、私は24年の2月17日生まれだから、たぶんほぼ同い年のようです。あなた達の歴史研究会(だったよね?)の部屋にも何度か行ったことがあります。そうだ、歴闘委とか言っていましたよね。当時は理闘委とか育闘委とか呼んでやっていましたね。

 これを見て、すぐにあなたの顔を思い浮かべました。ちょうど2月7日に私は北本通りの通路を渡るときに、29歳のときに、あなたと出会ったことを思い出していました。思えば、もう30数年前のことですね。
 そうしたら、こうしてあなたの書込があり、あなたのここにあったアドレスにメールしたら、すぐに返信をもらいました。そしてスカイプで直接お話できたのでしたね。
 でも私は11時すぎに行かねばならないところがありまして、お話も途中になってしまいました。でもあなたもスカイプをやっていて良かった。私はスカイプはひさしぶりのことで、「あれ、どこにあるのかな(前のパソコンには確実に入っていたのでした)?」と焦りました。でも分かりまして無事にスカイプできました。
 いや、私はスカイプはもう10年くらいかな(とにかく最初から)やっているのですが、やれる人がいないよね、いや日本人には向いていないのですよ。もう中国人からのスカイプ(とくに若い女性が多い)が多くて、私はスカイプ名を替えまして、もう一切無視するようになりました。
 いや中国の人は、例えば、李白の『長安一片月~』(『子夜呉歌』です)なんて書きだしても、知らないのですよね。日本の詩人じゃなく、中国の李白だよ。でももっと昔、スカイプではなく、マイクロソフトのnetmeetingをやっても、中国の人も台湾の人も知らなかったなあ。
 あの頃は、タイの人やロシアの人ともやりましたが、いつも私のことを歳を聞いて、「そんなおじいさんが…」と驚かれたものでした。アメリカの若者は危険で、避けたものでした。彼らはすぐにスボンパンツを脱ぎだして、チンチンを見せちゃうのです。その頃松戸自主夜間中学でパソコンの授業を持っていた私には、危険きわまりりないことでした。夜間中学だから若い女の子もいるんだよね。
 今はスカイプの世界はメジャーになったから、少しは大丈夫ですね。