11021708 私は今まで何度か、私のここブログで漱石の漢詩を紹介してきました。私は漱石の小説はみな好きですが、漢詩も好きなのです。
 漱石は、広瀬武夫の漢詩を「平仄が合っていない」などとけなしていまして、私にはそのことがとても、悲しいのです。いえ、指摘はまったくその通りなのですが、日本人には仕方ないのですよ。
 漱石は実にちゃんとした漢詩を作っています。七言絶句も七言律詩もちゃんとしています。私はそういう漱石が「厳しいな」ということで、どうしても好きになれない(もちろん、小説他作品も漱石という人間もは好きですよ)ものでしたが、彼の漢詩をいくつも読んできまして、今では漱石の漢詩への考え方も理解でき大変に好きになってきました。
 私は修善寺温泉(ここは、漱石が43歳のときに菊屋旅館ですごしたところです)というと、源頼家とその母政子を思い(もちろん実際に行ってみても)、悲しい思いになり、そしていつも実朝の歌をいくつも思い出しているところです。
  そのうちに私の「周の家族・教育の話」で、2004年8月に家族で行きました伊豆修善寺温泉での写真等を披露できると思っています。
 そして、次回行けるときには、この漱石の漢詩もいくつも思い出していることになれると思っています。いやいくつか暗記暗誦すべきだなあ。
 今後もいくつも漱石の漢詩を読んで参ります。(2011.02.17)