2017071720 童話とマンガの部屋ネット赤ちょうちん を読んでいまして、以下にあります

「ぼく、にげちゃうよ」3月のお話キャラバン 投稿者:Nora  投稿日:2011年 3月 2日(水)21時18分29秒  

「ユーラリ・S・ロス『いたずらこうさぎ』」が読みたくなりました。でも王子図書館にはないようです(私はいつもインターネットで図書館内の検索しますが、それで「ないようだな」と判断したのです)。
でもユーラリ・S・ロスの「ストリーテリングについて」(子ども文庫の会)を借りて読みました。
そうしたら、そのなかに『いたずらこうさぎ』があったのです。
ユミ子さんが以下のように書いているお話です。

家出したくなった子ウサギに母ウサギが機転を利かせる話です。子ウサギは母ウサギから逃げるために魚・岩・クロッカス・帆前船・空中ブランコ・男の子と変身しようとするのですが、母ウサギは追いかけるために漁師・登山家・植木屋・風・綱渡り芸人・男の子のお母さんになって追いかけていくよ、と言ったら子ウサギは結局は今のままと同じだと思い、家出をやめるのです。

物語の最後が以下のようです。

「お前が小さい男の子になって、うちの中ににげこんだら、おかあさんはその子のおかあさんになって、両手でその子を抱いてしまうよ。」と、おかあさんうさぎはいいました。
「なあんだ! それなら、いまのままここにいて、おかあさんのこうさぎでいるのとおなじだァ。」
そういって、こうさぎは、そのままうちにいることにしました。
「さあ、ニンジンをおあがり。」と、おかあさんうさぎがいいました。

いいお話です。私も孫にお話したくなりました。でもまだポニョもポポも小さすぎるかなあ。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。