11042820  私は1969年8月20日に東大闘争の1月19日の安田講堂で逮捕されてから、起訴勾留後の保釈になりましたが、そのあと9月18日の芝浦工大事件というので、この年の12月10日に逮捕されました。
 それで、今回も私は接見禁止でしたが、私の当時の彼女が裁判所の許可をとって本を何冊も差し入れてくれたものです。もう今回は実に長いムショ暮らしになるだろうからと、私の読む本のリストは膨大なものになっていました。それを何冊も少しづつ差し入れてくれるわけですが、そのリストの中に、私は宮本百合子の『伸子』を書いていました。『播州平野』も書いていたわけですが、とにかく文庫本で一冊のこの本も入ってきて、仕方ないから読むことになります。私が予想した通り、実につまらない嫌な本でした。
 戦前にニューヨークに住んだ主人公が伴侶を見つけて一緒になります。最初はいい夫婦生活ですが、次第にこの生活が嫌になり、この男性と離婚します。そのことが書かれた小説です。もう読んでいて、投げ捨てたくなる小説です。私は留置場の中にいるわけで、私の本を他の留置人にも貸していました。私のたくさんある本はみな喜んでくれたのですが、この本だけは私は「これは面白くないよ」と言って貸しました。誰も、「本当に面白くない本だね」と言ったものです。
 唯一、私と同じく「殺人」という罪名が書かれた札が貼ってあったK・Aが(珍しく女性でした)、「これはいい本だよ。あなたたち男には、この女の気持は分からないさ」といいました。でも今に至るも、私には,この小説の伸子の気持は少しも判りません。私にいわせれば、くだらないつまらない本です。
 ただし、中学2年で読みました中條ユリ時代の『貧しき人々の群』は少しは面白かったような気持はあります。
 あ、以下にも書いていました。

  http://shomon.livedoor.biz/archives/51006852.html
                            宮本百合子『伸子』を思い出した

 でもまあ、このくらいを思い出しました。(2011.04.28)