題  名 21世紀の100人 塩野七生
    「文明の運命」を現代に問い15年かけローマ史に挑戦
著  者 井尻千男=日本経済新聞編集委員
掲載誌 日経ビジネス9月7日号86〜88ページ

11050107 塩野七生の作品を読むと、これはいったい小説なのだろうか、歴史なのだろうかと思ってしまう。それに「レパントの海戦」などというのを読むと、なんだこれはいったい、なにか知識をひけらかしたいのかなどと思ってしまった。それが「ローマ人の物語機廚鯑匹鵑如△い笋海譴楼磴Δ召隼廚せ呂瓩拭
 日経ビジネスではこの「ローマ人の物語」が7月7日刊行ということから、彼女を取り上げたものである。この日は彼女の誕生日であるという。これから毎年7月7日に2006年まで15年かけて、この「ローマ人の物語」を書き上げるということだ。これは大変なことである。結果として15年かかった、いや20年かかったという作品はいくらでもあるだろう。でもこれから15年やり続けると宣言することは、ちょっとなんという決意だろうかと感心してしまうだけである。
 しかもこの本がかなり売れているという。こんなに彼女のファンがいるわけないのだから、これは驚くべきことだなと思う。この現在の世紀末がローマの盛衰と同じ雰囲気をもっているというのだろうか。
 この紹介文を読んで、先に書いた「レパントの海戦」も、「コンスタンティノープルの陥落」「ロードス島攻防記」と連なる3部作であるという。私は耻いってしまった。他の2つも読んでまた論評すべきだろう。
 また今私が読んでいる「海の都の物語−ヴェネツィア共和国の一千年−」とい作品も大変に読み応えのある語り口である。私はこの本を電車の中だけで読むことにしているので、まだまだ読み終わるには時間がかかりそうだが、いやはや随分と私も地中海世界に詳しくなれました。
 私は何故この人はイタリアに生活しているのだろうと疑問であった。「戦後民主主義と60年安保抜きに語ることはできない」というところを読んで、それは氷解したつもりである。

  特にこの世代は大学生の時に60年安保闘争という騒動の中核
  になる。そしてこの事件を、それぞれの方法で総括しないことに
  は表現者になりえなかった。塩野の場合は、イタリアへ渡って総
  括した。日本とイタリアの距離は遠く、それ故にその総括は苛烈
  なものになった。60年安保どころか戦後的ヒューマニズムも近
  代もまるごと総括してしまったようである。

 そして塩野七生の特徴は、キリスト教に踏み込まなかったことである。そうすると必然的にキリスト教以前の古代ローマへ行き着くことになる。

  彼女が15年後に、ローマ帝国の滅亡とキリスト教の関係をど
  う描くか、それは彼女に課せられた最大の宿命だろう。

 まさしく、ここは私も大変興味深いところである。それを塩野七生が描くとき、私は59歳になっているわけなのだなと思う。それまでに私も過去を何らかの形で総括しなければならないのだろう。

  ところで、長い間フィレンツェに住んでいた塩野は、近々ロー
  マに引っ越すという。「ローマ」へ行くたびに地霊のようなもの
  を感じる」という彼女は、今度は歴史を飾った男たちを呼び出し
  て、あの遺跡だらけの街をゆっくりとこころゆくまで散歩するこ
  とだろう。

 たしかに彼女はこれで、ルネサンスの世界から古代ローマの世界に移り住み、あの時代を自由に歩き回るのだろう。そんな彼女を想像するとき、私はとても嬉しくなるのです。(1998.11.01)