私は以下で

  8円で出せるダイレクトメール

次のように書きました。

 8円で自在にDMが出せれば、どの企業でも個人でもやりたいですね。でもそれは心身障害者団体が第3種郵便を認可されたときに出来ることであり、それをいわば悪用するのは、まさしくこれこそが郵便事業の赤字の元凶の一つではありませんか

11050801 このときのこの問題では、小泉首相からは明解な返事はもらっていませんが、いくつかのマスコミからは、電話をもらいました。でももう、このときの相手は、もうこの12月、また何百万部というダイレクトメールを出す用意をしているようです。そしてまた

  財団法人日本障害者スポーツ協会(パラリンピック)

でやるようです。
 結局、この郵便の赤字(120円の郵送料を8円という料金で何百万部とやるのですから、これは当然莫大な赤字ですね)は、結局私たち国民の負担となるわけです。
 なんか、こうしてどうしても許し難いことが堂々と目の前で行われてしまうことに、ものすごく怒りを感じています。