20170313012017031301201703130211051203 私の住んでいるところは千葉県我孫子市です。私は我孫子の生まれというわけでもないのですが、もう長年この地に住んできました。この我孫子を紹介する本としていい本があります。

書 名 ふるさとあびこ
著 者 中村脩
発行所 湖畔出版社

私の大好きな平将門公の伝説が色濃く残るのが、この我孫子なのです。その将門公には7人の影武者がいたといわれます。

日秀の桔梗仇花
将門は、俵藤太秀郷と幾度か激戦を交えたが、将門は常に同装
の勇士七人と起居行動を共にしていたので、何れが将門か判別し
難かった。そこで秀郷は桔梗の前と密かに連絡をとり、影武者と
本物を問うたところ、将門に随っている影武者はすべてワラ人形
であるため、冬の早朝、斉戒沐浴するとき、白い息を吐くのが将
門であるとの密告を得た。それで知って矢で将門を射たという。
それゆえ、将門の縁故の地である日秀地区には、昔から“桔梗の
前”にちなむ桔梗を植える家がなく、「花は咲けども桔梗は咲か
ず」という伝説があり、模様としてすら桔梗の花形を嫌ったとい
う。
そのことを歌ってか湖北音頭に、

湖北日秀にや、桔梗は咲かぬ
桔梗仇花 うその花
将門様のよ いのち取り

とある。

地名に関しては、この本で我孫子から説明してありますが、古戸と中峠のところ書き出してみましょうか。

中峠(なかびょう)
峠(ひょう)は標の音で、境を意味する古い言葉である。古来
わが国では、樹木を立て境にする風習がさかんであった。即ち丘
を越えていく路(峠)の中程にある処からその名が起こった。
「鹿島日記」に
徳基(小堀に住める寺田徳基、刀根川の舟めぐらす事承れる
人なり)問いけらく「此の里の河向いに文字を中峠と書きて
「なかびょう」と呼ぶ村あり。心難き村の名なり。」という。
余答えけらく「相模ノ国大住ノ都に枇杷村(びわのむら)とい
うあり。そこは嶺(とうげ)ある所なり。嶺は山の上の路ある
を云えば、山を上り下る心もて峠の字は作りたんなるべし。さ
れど詞の心は千岐(ちまた)の神に幣(ぬさ)を手向くるより
起りて「たむけ」なるを、音の便りのままにいいうてして『節
用集』などには到下(とうげ)とも書きたり。さて枇杷は横の
音に通わして「びや」というべきを「びょう」と引いていへる
と見ゆ。中峠村も峠あるより名を得て、さる心の字も書けるに
や」

とある。

古戸(ふると)
奈良朝時代に大伽藍のあった古房の地で、地名は古房の「房」
の冠字「戸」を用いて「古戸」と名付けられたものである。
ちなみに、古戸は標高二○・八四米で、あびこ最高の地点であ
る。

またこれら我孫子のさまざまな地名はアイヌ語ではないかということも書いてあります。
我孫子に関する書物はたくさんあるから、もうすこし読むべきなのでしょうね。だだ私は近年の白樺派ってのはどうしても好きになれないんですね。できたら別な場所に行っててくれればよかった。それに比べて、将門公の伝説や遺跡があるのはいいですね。白樺派の嫌味なんか乗り越えてしまいます。ここに住んで本当によかったと思います。(1998.11.01)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。