『東大落城』の著者であり、近ごろ「危機管理」の専門家というので、テレビ雑誌等々でよく目にする著者の最初の著作を読んで見ました。

書 名 目黒警察署物語
著 者 佐々淳行
発行所 文春文庫
1994年2月10日初版発行

11060206 著者が東大を卒業して国家地方警察本部に採用され、警察大学校で訓練ののちに、最初に赴任した目黒署での勤務の記録です。
 この著者が地方警察(地警と省略した)といういわば国家公務員から、地方公務員である目黒署に赴任したというのは、今では理解しにくい出来事があるわけです。
 戦後は日本の警察制度は占領軍によって、アメリカ式に市や町が警察権を持つことになりました。これが自治体警察です。財政上この自治体警察を持てない小さな町や村のみを管轄する「国家地方警察本部」も作られました。結局は自治体警察は、地警に併合されていってしまうわけですが、自治体警察の抵抗は相当なものがあったようです。この著者が警察官になったころは、その自治体警察の側の抵抗が直接著者に向けられたと思われます。
 また著者はもう警部補の資格を有しており、しかも東大出でした。東大出身に関しては、レッドパージ(赤狩りではなく、東大の赤門出身者をパージするというような意味)ということで、現場では嫌っていたようです。戦前にも東大出は資格制度によって、警察の幹部を独占しました。戦後、占領軍によって、それがのぞかれたのに、戦後もこの頃になると、また資格制度が復活してきたのです。その最初の頃、まさしくその資格をとった東大出が著者だったわけです。これは当然、現場ではあつれきがあって当然だったでしょう。
 私が大昔学生運動で逮捕されていたときにも、この警察の資格制度には驚いたものです。現場のたたき上げの刑事よりも、ずっと年下の大学出が職制上、上司になっていることがあるのです。また夜留置場に来る各交番(これは埼玉県警の場合。警視庁では、交番の警官が留置場に来ることはなかった)の若い警官達は、よく勉強をしていました(もちろんしない人もいるわけですが)。聞くと、試験を受けて資格を取って、上級に進んでいかないと、警察というところはどうしようもないのだというようなことでした。いや若い人ばかりではなく、けっこう年取った方々も、懸命に勉強していましたね。でもどうみても年期の入った刑事さんの上司がその息子見たいな年だと、なんだか見ていられない感じでした。
 でも、この著者は、そうした嫌な雰囲気の中でも懸命に努力していきます。現場の警官たちともうまく連携して仕事を成し遂げて行きます。それがなんだか読んでいる私には思わず「良かったな」と著者の側に身を入れてしまうくらいなのです。
 また、この著書にはこの目黒署での勤務の記録だけではなく、著者の戦前戦中、そして戦後の生活が回想としてまいります。これがかなり読んでいる者に、どうしても著者の側に身を入れてしまうことになるのかなと思うところです。著者の数々の体験は私たちと同じ一般庶民のものなのです。そしてその回想に出てくるのが、東京という街なのです。東京の街をこの著者は本当に好きなのだなと思いました。東京への街への愛着が、著者が警察という組織に身を置いた一つの理由かななんて、想像します。
 私はどうしても過去の自分の体験から、警察官というと、身構えてしまうところがあります。どうしても、私たちの敵であると思い込んでいるところがあるわけです。また、この著者こそは私たちが学生運動をやっていたときの、弾圧の側の最前線の指揮者だったわけです。でもそうではあっても、どうしてか、この著書を読んでいくと、私たちと同じ感性を持った親しみの持てる人間の存在を感じてしまいました。(1997.05.17)