11060808 テレビを見ていると、いくつかの番組でどうしても私は涙になります。とくに「おひさま」を見ているのは悲しすぎます。

2011/06/08 06:37もういくつものことが大変なことがありますね。
2011/06/08 08:00「おひさま」で、昨日今日育子さんが登場するところが楽しみです。
「陽子を幸せにする自信があるのですか?」という問いはつらいな。戦争中なんだもの。でも育子さんが認めてくれて嬉しいです。
 つらい悲しい時代ですよね。
 悲しくてたまりません。私の父と母も同じでした。日米開戦のときに、母のお腹には私の兄がいました。
 なんとなく、悔しく悲しいな。私の父がなんとか帰ってこれたから(父は昭和22年秋に帰国できました)、私が生まれたのです。私は昭和23年の5月30日に生まれました。
2011/06/08 10:01「ちい散歩」を見るためにリビングに来ました。中野から高円寺まで歩いています。中野も何度も歩きました。高円寺も何度も歩きました。いくらでも思い出すことがありますね。

 中野から高円寺にかけては私は歩いたことはないかもしれないなあ。それぞれの街自体は何度も歩いています。