11062409 この人は、1904年(明治37年)3月18日〜1980年(昭和55年)4月8日の生涯でした。
  京都大学の中国文学、漢文学の先生です。そして私に大きかったことは、彼が高橋克巳の先生であったことです。
 私は高校生のときから、HNK教育テレビおよびラジオの第二放送で、漢文の授業を聞いていました。今でも私は彼の杜甫の律詩に関する授業は忘れられません。でも大学生になって高橋和巳の文学を知り、それで吉川幸次郎に怒られて涙を流している和巳を思ったものです。私は和巳の『悲の器』の確信論理論の正木典膳こそ、この吉川幸次郎だと思い込んだものでした。
 そして私は、この先生が心の底から嫌いになったものでした。吉川幸次郎が、杜甫のことを「先生」と呼んでいることなんか非常に嫌いだったものです。
 でもそれからだんだんと高橋和巳の作品をほぼすべて読んだ頃から、何故か彼のことがどれほど評価できなくなっても、私は吉川幸次郎のことはどうにも好きになれませんでした。
 私が彼のことを評価しないのは、たとえば李白の『子夜呉歌』についてのことがあります。このことは以下に書いています。

  佐藤春夫の「李白『子夜呉歌』」の訳詩

 でもでも、私は図書館で、『吉川幸次郎全集』をすべて見てみて、私の知識が吉川幸次郎にはるかに及ばないどころか、かすりもしていなんだということが如実に判ったものでした。私は漢文のNHK教育テレビで知った吉川幸次郎の授業内容なんか、どこにもみつからないので、不満だったのでしたが、いや吉川幸次郎先生は、そのすべてをまた書き直しているのです。それが彼の全集なのです。
 そこで私は高橋和巳の涙のわけが判りました。あれは吉川幸次郎先生が意地悪だったのではなく、和巳が吉川幸次郎先生の中国文学の知識の前に打ちひしがれているのだと思います。
 そこででも、問題は私です。私もただただ吉川幸次郎先生の前に、自らを反省するばかりです。私もまたもう遅いのかもしれないのですが、これからまたちゃんと学んでいくつもりです。
 それに、私は吉川幸次郎先生のお弟子では、一海知義さんは、実に私が信頼している学者です。私もまた勉強して行きます。もう私は一海知義さんの書籍は何冊も読んでいるのです。