11062909 もう年末ですね。どこの会社でも、明日か明後日が大掃除の日のようです。そして個人の家ではそのあとの日でしょうか。
 でもこの頃感じることがあるのですが、近ごろ会社や個人によっては、ちゃんと大掃除をしないところがあることなのです。誰もみなもう年末ぎりぎりまで「忙しい」し、「大掃除と言ったって、そんな時間かけてやれないよ」というところでしょうか。私がサラリーマンだったときには、どこの会社でも熱心に大掃除していたものでした。そして大掃除が終わった夕方に必ずお酒を飲みます。私の自宅でも、私は不真面目ですが、妻が熱心に大掃除をしています。
 大掃除というのは、普段は掃除をしないところまで熱心にやるべきものなのです。「お正月さま」という神様が来てくださるように、正月にはその神様の入口に門松を飾るのですが、この神様を迎えるためにも、とにかくしっかり大掃除をすることは大事なのです。ちゃんと大掃除しないと、下手すると貧乏神が出て行ってくれません。
 そんな大事な年末のイベントが大掃除なのです。このところ、何故かこの大掃除をいい加減にしてしまう会社が個人が多いようで、これではその会社にはいい景気の風は吹いてくれないと思いますよ。神様の通り道を綺麗に掃除することが大事なのです。