11070711 私がブログ版 「周の発言」 を開設して1カ月以上が立ちましたので、さらにいくつか気がついた点をつけ加えまして、以下の文章を作成しました。

 私は、今年1月21日に、ブログ版の「周の発言」を開設しました。
 もう1カ月以上が過ぎましたが、実に多くの方々が見にきてくれています。これは私が予想していたことよりも、はるかに多いので、大変に驚いているところです。私のブログには、アクセス解析が入れてありますから、毎日のアクセス内容が実によく判るのです。
 それで実感として判りましたのは、このブログというツールが今までのインターネット上のウェブサイトに比較して、はるかに検索エンジンに適した仕様をもともと持っている、だからどこの誰にも、こちらの思うところを一番伝達しやすいということです。

 現在どこでも話題になっているブログって、一体何がいいのでしょうか。私は以下のように考えました。

1.ウェイブサイト(ホームページ)より、はるかに簡単に作成できてしまうこと。
2.ホームページ作成用のソフトも要らない。パソコンで文字が書け、メールを送受信できる程度の人なら、すぐに1時間程度で作れてしまうこと。
3.このブログによって、従来はインターネット上で発信してこなかった・できなかった人たちが大勢、インターネットでの発信・発言が可能になった。
4.ブログのトラックバックという機能によって、同じ趣味や同じ考えをもつ人とが、いくらでも繋がって、コミニュケーションが持てるようになった。
5.今までのウェブサイトが、来訪者とのコミニュケーションの手段としては、掲示板と、その管理者へのメールがあったが、まずこのブログでは、従来の掲示板での「荒し」のような行為がありえないことが指摘できる。つまり、トラックバックは、相手の掲示板に偽名や匿名で書き込むのではなく、自分のブログに書かないとならないわけで、いわば「自分の自宅に相手の悪口を落書きのように書く行為はできない」ということで判ると思います。またスパムコメントといわれるものもあるわけだが、これはすぐに書込み禁止の措置が簡単にできる。またブログでは、管理者が、自分のメールアドレスをサイト内に掲示する必要はありません。
6.世界の主要な検索エンジンのロボット検索が、素早くいわば一瞬で、このブログ内の情報をリサーチするしくみを、もともとブログは備えている。
7.今は誰でもが持っている携帯電話での書込み閲覧が完全にできること。

 以上7点あげました。
 このブログにより、多くの方々がより簡単にこのウェブの世界で自分のことを発信できるようになりました。それは、企業ではなく、個人こそがこのウェブの世界に、より強力に自分の思いを発信できるツールがブログと言えるかと思っています。
 このことは、同時に企業人であっても、その企業のやっていることを個人として広報できる、ブログとして広報すべきことを意味しているかと思います。

 このことは、今までの企業なり、個人のウェブサイトが必要なくなったということではなく、それは、このブログの背景にちゃんと存在しているということによって、いっそう重要な役割を果たせるということだと言えます。
 ブログがフロント部分であるが、すべてのことが本体のホームページには、用意され、書かれているということが必要です。
 また、メルマガの役割も、よりいっそう際立ってくるかと思っています。ブログも従来のウェブサイトも、ブログがたしかに、より検索エンジンに適しているツールだといいましても、やはり、来てくれる人を待っている存在であることは同じです。ぜひ、相手のとこころへ直接訴えることのできるメルマガもより一層の役割を果たすべきものとして重要です。

 ぜひとも、私のホームページを見ていただいていた方、私の「将門Webマガジン」をご購読されていた方、また今私のプログ「周の発言」をご覧になった方、ぜひあなたのブログをいますぐ作成して、さまざまに交歓していきましょう。