11071715 原田芳雄さんが亡くなったというニュースで、ただただ驚きました。ただただ悲しい思いです。

2011/07/20 06:25新聞を開いて昨日19日に原田芳雄さんが亡くなったということです。つい先日映画完成のときに、原田さんが声がでないので、石橋蓮司さんが代わりに挨拶したことをテレビで放映していました。まだ71歳でしたからそんなときではないのにという思いです。
 私は彼の家にも行ったことがあります。大変に綺麗な奥様でした。「君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ」の映画で、主役の高倉健さんと並んで大変に中国で人気があったものでした。私の友人の燕尼(私の親友の堀雅裕の奥さん)がファンで、私の友人の会社のイベントで原田芳雄さんが来てくれたときは驚いていました。あのときは、松田優作さんも来ていたのでしたね。
 だんだん思い出すと、私が学生運動のときに、69年秋から72年夏くらいまで私が使っていた私の偽名が「原田」でしたね。これはもちろん、原田芳雄から使ったものです。
 それから、日経新聞でアップルの社長が、「もうパソコンではなく、iPoneの時代だ」とかいう発言を、「なんだか、当たり前のことをいうな」という思いで読んでいたものです。でも急に、この記事を知りたいと思いましたが(私はガラパゴスでも読んでいます)、でももう紙の新聞でもガラパゴスでも、その箇所を見つけられないのです。
 私は以前はいつも鞄を背負っていて、それにはノートパソコンを入れていました。ただ昨年の一月から、もう鞄は背負わなくなりました。しばらくはポメラを持って歩きまして(脇のデューロカーゴDC-15に入れます)、今では両脇のデューロカーゴDC-15にIS01とガラパゴスを入れています。
 いまも電車の中で、パソコンで何かを打っている40代のおじさんがいますが、私はそれを見て「古いな」としか思えません。あれは私の90年代の姿ですよ。今は私はスマートフォンIS01でインターネットに打っていますよ。私はケータイではうまく打てないのです。パソコンと同じくローマ字入力でないと駄目なのですね。

 原田芳雄さんのことと、「もうパソコンではなく、スマートフォンの時代だ」を書きました。でもこれもポメラで打つのは大変なのです。あとでパソコンで訂正追加ばかりです。これがIS01だと違うのですがね。