20170807003 Monday, October 13, 2003 1:03 PM
周様
初めまして。
突然のメールの失礼をお許し下さい。ホームページを拝見致しました。
唐突で申し訳ありません。
是非教えて頂きたいことがあるのですが、宜しいでしょうか?

塩野さんの『ローマ人の物語3ハンニバル戦記〔上〕』新潮文庫
を読んでの疑問で、因みにページ数はp134〜135です。
第一次ポエニ戦役後という箇所なのですが…。

『重装歩兵も3列横隊で闘うのが定法であったローマ軍では次の3種に分かれる。最前列に配置される、「ハスターリ」。年齢は17歳からはじまる、戦場経験の少ない若い市民で構成される。兵数は2400。第2列にくるのは、ローマ軍団の中核のまた中核的存在として知られた、「プリンチペス」。前線が突破された場合に彼らがもちこたえることで、総崩れを防ぐのが役割だ。年齢は30代。兵数はここでも2400。第3列には、40歳前後からはじまって現役最高年齢の45歳までの市民で構成される、「トリアーリ」がくる。体力では少し劣っても戦場経験ではベテランの彼らに、後衛を託すのがローマのやり方であった。兵数はここでは1200。3列横隊を組むローマの重装歩兵の「ハスターリ」と「プリンチペス」と「トリアーリ」が中隊とすれば、それぞれの中隊はまた、20の「小隊」に分かれる。これがローマ軍に柔軟な闘い方を許した要因だが、「ハスターリ」と「プリンチペス」の小隊は、それぞれが120人の兵士で構成され、「トリアーリ」だけが60人で構成された。これこそローマ軍団の最小戦闘単位である「百人隊(ケントウリア)」で、これを率いるのが、古代ローマを題材にした映画ならば必ず登場する、「百人隊長(ケントウリオ)」である。

<質問>
「百人隊」は、100人の兵士から構成されるのですよね? 上記を読むと、120人+120人+60人=300人になるように思うのですが、これはどのように考えたらよいのでしょうか?
突然のメールで不躾に質問などして、申し訳ありません。ご迷惑でなかったら、教えて下さい。どうぞ宜しくお願い致します。○○○○

Saturday, October 18, 2003 10:41 AM
ええと、

唐突で申し訳ありません。
突然のメールで不躾に質問などして、申し訳ありません。
ご迷惑でなかったら、教えて下さい。

と言われましても、とても迷惑ですよ。私のところには、たくさんの方が質問のメールをくれますが、まったく私の見ず知らずの方の場合は、もう少しちゃんと自己紹介されますよ。それとなぜ、この質問の答えが必要なのかも説明されるのが普通です。とにかく私はあなたをまったく知らないのですから。私のほうは、「周のプロフィール」で公開しております。

とはいえ、とにかくメールをありがとう。
ただ、私はローマ史や軍事史のプロというわけではありません。だから、

そんなこと判らないよ

というのが、私の正直な答えです。
でも、少し考えます。

「百人隊」は、100人の兵士から構成されるのですよね?

「百人隊長」とは、50〜100人単位の軍隊の長で、ローマ軍では、中級の役職です。特別100人と決っていたわけではありません。
そもそも軍隊をこうして決まった人数で軍団を作っていくというのは、非常に難しいことです。人は背の高さも体重も違うように、戦う能力も勇気も違うものです。まして、出身地も違えば、言葉も簡単に交わせないこともあったでしょう。
私が知る限り、人数を限って軍団を形成していくのは、アレクサンドロス大王の父親のフイリッポス2世が、16×16人の密集重装兵を作ったときからでしょうか。これを使って、当時ギリシア最強の軍隊だったテーバイを滅ぼします。ただ、この軍団も非常に編成するのは大変だったようです。前にも書きましたように、みな背も何も違うのです。それを個々の技量も考えて、さらには槍の構え方も列によってすべて違えて、最強の軍団にしたのです。
おそらく、ハンニバルの軍事の先生はアレクサンドロスでしたし、スキピオはハンニバルこそが先生だったことでしょう。彼らには、このマケドニアの軍団の作り方がかなり参考になっていたはずです。
また100人単位で、軍隊を作り動かしたのは、のちのジンギスカンです。これは実に合理的でした。そしてこの100単位の下の単位は10人でしたが、このやり方は、軍隊に限らなかったのですが、私はこのことはジンギスカンはローマに倣ったのではないかな、なんて想像しています。
それから、このローマが100という単位で、何かを考えるというのは、エトルリアの影響のようです。
とにかく、百人隊長というのは、軍隊での中級の役職であり、必ずしも百人の兵隊の長というわけではありません。ローマ軍では、戦闘でこの百人隊長が何人も多く討死しています(例えばカエサルの「ガリア戦記」などをよむと、百人隊長があまりに多く討死してしまうことに出会います)。死んでしまったら、そのあとは百人という単位ではなく、80人のときも123人のときも、残った百人隊長がまた率いなければならないのです。

それから、こうしてメールの返事が遅くなり申し訳ありません。萩原周二
(第170号 2003.11.17)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。