11080308 そういえば、私の長女おはぎが昨日20歳の誕生日でした。早いものです。ついこのあいだまで保育園に行っていたのになんて気になります。ということは私たち夫婦は結婚して20年以上たっているわけだ。これはすごいことだな。
 次女ブルータスは現在18歳で、二人とも同じ文教大学の1、2年生です。二人とも大学でも友人とのつきあいでもアルバイトでも忙しそうです。二人ともに、大学入試に受かってからはお小遣いは全くあげていないために(それどころか我が家は二人の使った電話代も徴収している)、すぐにアルバイトをはじめました。おはぎはスイミングスクールとファミリーレストラン、ブルータスはうどん屋です。
 ある会社の女性社員たちが、二人を可愛がってくれています。きょうは、おはぎの誕生の食事会を開いてくれるようです。妻と娘二人とその社員二人の計5人だそうで、いつも私は呼んでくれません。私には「どこかで食事してきて」ということです。もうぐれて、どこかで腹いっぱい飲んじゃおうかな。(10/28/98 07:35:33)

「周の掲示板」にUPしててくれましたタッチおばさんですが、快くホームページのリンクを了解していただきました。それどころか、すぐさま私のホームページのリンクをUPしてくれています。私は少々焦りました。「タッチおばさんのホームページ」は以下のURLです。

(もうこのページにはいけなくなっています)

 私も早速「リンクス」の部屋に「インターネットで知った素敵なホームページ」というページを作って紹介してあります。
 やはり、こうした方と知り合いになれたのは、こうしてホームページを開設したからだと思います。なんだか世の中は暗いニュースばかりですが、こんな出会いがあると、「まだまだ世界はすてたものじゃないぞ」と思うことができます。
 吉本(吉本隆明)さんが言われていることですが、さまざまな有名業界の上の方にいる人たち(どうも表現がうまくできません。吉本さんは、こんな表現ではないのですが)よりも、もっと市井の人の中に、珠玉のような人がいるものなのだ、という言い方がしみじみ判ってきました。
 私はこういうふうこそ生きていきたい。(10/28/98 22:17:25)