11081407  時代が最大限に獲得させた<知識>、あるいは感受性は、それが退廃的にみえよう何であろうと、いったん獲得された人間の精神の範囲は逆に戻ることはありえないのです。<知識>は、科学技術よりもある意味でもっと確かなものです。科学技術というのは、人間が統御すれば、わざとシンプルな機械を使ったりすることができます。そういう社会をつくることもできます。しかし<知識>だけは、人間が長いあいだにかかって獲得したその範囲をせばめることはできません。
「シモーヌ・ヴェーユについて」1979.7.14梅光女学院大学での講演、「春秋」209号昭和54年11月号に掲載され、のちに「言葉という思想」1981.1.30弓立社に「シモーヌ・ヴェーユの意味」として収録された

 ここのところがけっこう誤解している人がたくさんいるのだ、そしていまも大勢いるのだと思います。そして残念なことにヴェイユもそうだったのです。このことの先に、結局ヴェイユの死があったわけなのです。