2011年08月21日

吉本隆明鈔集193「対馬忠行ソ連論の弱点」

11082009 対馬「ソ連論」の最大の弱点は、レーニン軍隊論を鵜呑みにしたその軍隊論にあった。というよりも対馬がレーニンと(部分的にはトロツキー)に依存してスターリン以後のソ連の実現を批判するという非自主性を脱却しえないところにあった。
「情況への発言−ひとつの死に関して」1979.12「試行」53号掲載 「追悼私記−対馬忠行−駈けぬけた悲劇」1993.3JICC出版局に収録された

 対馬忠行のやった仕事は、現在の世界の情況をみるとき、かなり先駆的な意味があった。だがどうしてこんな模範にもなりえない国家の考察に彼は情熱をかたむけたのだろうか。やはり世界最初の社会主義革命をやったというソ連を、なんとかしたいと強烈に思っていたのだろう。それがいくら研究批判したとしても、その相手にさらに幻滅していくとき、彼の死がおとずれたわけだと思う。本来レーニンに依拠してスターリン主義とやらを否定したって、それは何にもなっていないのだ。しかし、これはひとり対馬のみならず、日本の新左翼に共通するところなのだ。自殺するのは彼ひとりではない。新左翼が依拠した思想そのものがもっと謙虚に反省し、死ぬべき思想はまたそうすべきなのだ。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔