11102308 本日二日酔いの身体で事務所に出ていると、いろいろ手紙等々をもらった中で、素敵なものがありました。
 不当な地上げに対して、当り前にかつ雄々しく闘っていて、私もさまざま関わっているお店なのですが、その裁判等々の報告の手紙の中に、次のようにありました。

  そば屋と酒の関係というのにちょっとひとうんちくという様な
 文章がありました。よろしかったら萩原様に御覧いただきたいと
 思いまして。

ということで、勝見洋一という方の「蕎麦屋で酒を飲む」という長文のエッセイが同封してありました。これがまたたいへんに感動する文章なのです。もう全文ここにUPしたい気がしてきます。

  冷静に考えてみると、蕎麦屋に行きたい時は酒が飲みたい時で
 ある。

  まず冷や酒をコップで一杯、すいっと飲み、玉子焼か何かを作っ
 てもらって、もうちょっと飲みたい気分になって、ぬきを注文す
 る。

  この丼を左手に持ってたまにぐびっと飲みながら、だらだらと
 いつまでも右手の酒を飲む。

  こんな酒の楽しみを関西人たちは知らないに違いない。

  日本橋室町や巴町の砂場へ行くと、もり蕎麦を食べる前に酒と
 ぬきを注文することにしている。

  それにしても、どうして近頃は客が蕎麦屋で酒を飲まなくなっ
 てしまったのだろう。

  そうなのだ、蕎麦屋とは手っ取り早く酒を旨く飲ませる店だっ
 た。蕎麦を食べさせたいために、蕎麦屋はいい酒を入手して出し
 た。酒が旨かった証拠に客は蕎麦を食べて帰ったのだ。

  飲む、という漢字をそろそろ、呑む、に替えなければいけなく
 なった頃、満を持してもり蕎麦を注文する。

  蕎麦のつゆは蕎麦とのからみあいもあって、香よりこくのある旨
  味を採る。鰹節の風味は、最後に蕎麦猪口に残ったつゆに蕎麦
  湯を入れて薄めたときに感じればよい。

 さまざま蕎麦のことが述べられています。私が飲む蕎麦屋といったら、「神田まつや」でしょうか。神田の「薮蕎麦」でも飲みますが、なんとなく当り前に店に入って、当り前に延々飲んでいるのはどちらかと言えば「神田まつや」があっている気がします。私はよくここへ親しい友人のデザイナーと入って、それこそ延々飲んでいます。もうお店の仲居さんも覚えてくれていて、それこそ当り前の世界になっています。
 私にこの文章を送ってくれた蕎麦屋さんも、たいへんに蕎麦が旨いのです。私はあの店がそばにあったら、いつでも酒が飲めるのになと思っています。
 でも、私がそばにいて、いつも来られたら、いやがるだろうな。