2017052204店 名 まるます家
住 所 115-0045 東京都北区赤羽1丁目17番7号
電 話 03−3901−1405
営業時間 AM 9:00〜PM 9:30
定休日 月曜日、祭日営業は翌日休み、年末31日 正月は4日より営業

前には、たしか朝7時からやっていたような記憶があります。11111103

この赤羽で、私の友人の関係でお通夜がありました。そのお通夜の場で、私は友人たちと延々飲んでいまして、朝になりました。さて、告別式まで時間があるから、どこかで朝食にしようということになりました。日曜日の朝でした。 そこで、私の友人のNさんが、「それなら、あそこへ行こう」と案内してくれたのが、この「まるます家」です。たしかそのときは、店に入ったのが、御前8時頃でした。
もう店に入って驚きました。もう大勢の人たちが、ひたすら飲んでいるのです。私たちも早速飲み始めました。そして実にいい肴がたくさんあります。そして店員の方たちのふるまいに気持のいいこと、実に嬉しくなりました。
そして壁に貼りだしてあるつまみの種類の多いこと、そしてまた値段が実に安いことに驚きます。
もうここはいつも朝から、美味しいお酒と肴を求める人たちでいっぱいです。何でも、この赤羽には、大日本印刷がありますから、そこで、深夜作業開けの人たちのために朝から開くことを始めたなんていうことを、隣に飲んでいたおじさんに聞いたことがあります。
ここはテレビでも何度か紹介されたことがあります。何故こんなに安く提供できるのか、この店の驚くべき1日の売上なんてのを見たものでした。どれもみなびっくりしてしまうことばかりでした。
そういえば、夕方になると、奥さま方がこの店の前に並びまして、たくさんの惣菜を買われているのです。酒の肴は、また夕餉の美味しいおかずになるのですね。仕事で、ここらへんに行きまして、帰るときに、いつもこの奥様方の姿を目にしています。
ただ、私はどうしても夕方に、このお店に入ったことはないですね。朝とか昼過ぎとかばかりです。
そういえば、赤羽の岩淵には、23区で唯一の造り酒屋「小山酒造」があります。ここへ何人もの友人を誘って見学に行ったことがありますが、その帰りにもここで大勢で飲みました。店は2階まであるので、けっこうな人数でも入れるのです。
そこでやっぱり、私は詩を詠おうとしたら、お店の女性マスターに止められました。理由(わけ)を聞くと、「周りのお客さんの迷惑になる」というので、私は「周りのお客さん全員の許可を取ればいいのか」といい、全員に了解を求めました。ちょうど、法事帰りのグループが大勢いまして、「何かそれに合わせた詩を」というので、私はまた元気にかつしみじみとした詩を詠いました。
思えば、けっこう柔軟な対応をしてくれるお店です。ただし、いい加減な酔い方をする人には容赦しないお店でもあります。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。