2017081402 今回は東京にある飲み屋ではありません。周の自宅は千葉県我孫子市です。その我孫子市の隣の柏市にある飲み屋さんです。
私が柏で飲むときに必ず行く飲み屋さんです。

店 名 平井食堂11111209
住 所 277-0025 千葉県柏市千代田1丁目4番12号
電 話 04−7163−2080
定休日 日曜日

柏駅東口からけっこう歩かないと着きません。普通は、こんな場所にある飲み屋にまで歩いてくる人は少ないでしょう。でも、私と私の友人たちは、柏で飲むときには、必ずここで飲みます。
店に入ると、驚きます。店の壁に貼ってあるメニューの値段に驚くのです。「これは20年前の値段じゃないかな」と思えるほど安いのです。
ここを私が知りましたのは、私の友人の紹介です。以下にその友人のことを書いています。

下鳥さんのこと 
下鳥さんのことその2

今でも、この下鳥さんは、この「平井食堂」の主のような顔して、きょうも間違いなく飲んでいます。
ここは、いわば柏の飲んべいたちの隠れ家的な飲み屋だったのですが、私がこれを niftyのサッカーのフォーラムで紹介してから、レイソル柏のサポーターたちが大勢やってくるようになりました。ときには、その対戦相手のチームのサポーターも「話に聞く平井食堂に来てみたい」というのでやってくるようになりました。一時は、そのサッカーのサポーターのほうが飲んべいを圧倒していたものでした。
ここは、ご主人が、自分の作るものにこだわりがあり、店の名前に「食堂」と名づけたように、実に美味しいおつまみばかりです。ただ、私から言わせていただきますと、問題点が二つあります。
まず、この店では歌を唄ってはいけないのです。これは、私には大変に困ることです。ですから、私は店のご主人のために、店の前で詩吟を詠ったことがあります。ご主人は大変に感動してくれました。
それからもう一つは、店の営業時間が午後5時から11時までのことです。5時前に行っても入れてくれません。それから午後11時になると「蛍の光」が流れます。私としては、「せめて午前1時までやってくれれば、そのあとまたもう1軒行かなくて済むのになあ」という思いなのですね。
でもたぶん、午前1時までやってもらうと、「せめて3時までやってもらえば、もう1軒行かなくて済むのになあ」と言っているでしょうね。
だから結局ここで飲むと、午後11時をすぎると、私たちは必ずそのあとまた別な店で延々飲んでいるのです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。