11112302   けっこう寒いですね。 今日はポコ汰、ポニョの七五三です。平塚神社で11時に集まります。だから、私は10時におはぎの家に着くように行きます。

「カーネーション」を見ました。
   この番組の主役の方の娘さんのコシノジュンコの作ったファッションを、吉本(吉本隆明)さんが着て、アンアン(ノンノだったかもしれない)に掲載された時に、埴谷雄高がものすごい貶し方をして、それにたいして吉本さんがきっちり返答というか、批判をおおいにしたのです。もうそれは見事でした。埴谷雄高の「死霊」よりもコムデギャルソンのほうが、ずっと上だということです。
  これを読んだときに、私はあまりに惨めな埴谷雄高と、それまでは『死霊』は少しは評価していたのですが、もはやまったく駄目だと感じたものです。あの小説は登場人物にはシンパシーも感じていた人物(首猛夫)もいたのでしたが、埴谷雄高のおかげでもはやつまらない作品としかおもえないものになりました(この作品は未完です)。