20180525021112122811121227救対」とは、いわば戦争での戦闘行為中の「赤十字」組織です。誰でも、ここを利用することができます。どうしてか、逮捕されてしまった場合には、誰もが弁護士を依頼する権利があり、逮捕した側も、その点をいい、かつ連絡してくれます。そうしたときに、普通の人だと、そんな弁護士とのつき合いがありませんね。そんな時、そんな人がいつでも利用できるのが、この「救援連絡センター」です。
なぜか逮捕されてしまった場合に、ここを指定すると、すぐに弁護士が接見にきてくれます。そこでいろいろ訳を話すことがいいわけです。
私の会社の役員であり、かついろいろと仕事上でも連携しています大口昭彦弁護士も、このセンターに登録している弁護士さんです。弁護士というのは、私は、いつも

5割は無能、4割は悪い奴だ。1割がまともなだけ。

と言っていますが、本当にそのとおりです。その1割の中で、さらに優秀でかつ人格高潔な弁護士がこの大口さんです。
ただ、私はこの「救対」という考え方に、言いたいことがあり、かつ過去かなりなことを話してきたことがあります。それはまたいつか書いてみましょう。

この「救援連絡センター」から私のところにも、その「救援」という機関誌が送られてきていますが、私はもうそれこそ封筒を開いていないのもたくさんありました。なにしろ、私のところには、いろいろな郵送物が来まして、内容が判っている機関誌や新聞は、ついつい溜まってしまいます。今回少し開いてみて、たいへんにご苦労されているなあ、と感じいります。そして、今も活動が続いているのは驚くべきことです。
私も最初に東大闘争で逮捕されたときに(1969年1月19日)、ここの弁護士に依頼しました。もう30年が過ぎる頃なのに、まだ同じ組織が活動しているのですね。
電話番号は

03−3591−1301

です。昔ですと「591−1301」で「ゴクイリ イミオーイ」(獄入りは意味多い)と覚えたものでした。
昔から、新左翼に限らず、やくざでも窃盗犯でもやってくれます。当然に右翼や日共でも扱います。ただし、革マル派だけは、ある時から、除外したかと思います。それは、破防法裁判に関する弁護士を彼らが襲ったこと、および三里塚闘争に関して、彼らがやったことで、「もはや革マル派だけは救援しない」ということになったかと思いました。「救対」なんて、救いを求めて来た人には、誰にも赤チンをつけるべきだとは思いますが、革マル派がやってきた数々のことを思うと、「仕方ない」のかなとも思います。

さて、でもこんなの関係ないと思う方もいるかと思います。ただ、私は誰もがすぐ連絡できる弁護士を持っているべきだという意見ですが、そういう知り合いの弁護士なんか知らない人がほとんどだと思います。だから、そんな人こそ、ここが重要だと思うんです。
私の親しい友人(Aとします)で、こんなことがありました。彼は、友人と新宿で飲んでいまして、帰るときに、その友人が新宿駅で鉄道公安員とトラブルになりました。Aが止めに入りまして、その友人が年齢がかなり上であるので、「ここは俺にまかせて、帰りなよ」ということで、帰しました。
ところがAは次の日に、会社に出社しません。さらに自宅に帰宅もしません。そこで、私にも連絡が来て、大変なことになりました。実はAは、公安員に暴行を受けていたのです。それをごまかすために、Aこそが「公務執行妨害」ということで逮捕されてしまったのです。ただ、Aは変に冷静でした。たいしたことはないのだから、次の日に釈放になると考えたのです。だから、警官のいう「誰か弁護士に連絡するか」という言にも断りました。これが間違いのもとです。親しい弁護士もいたわけですのに(大口弁護士も親しい)、「たいしたことじゃないから」と、そのままにしていました。Aの頭の中では、次の日は無理でも「2泊3日」で終わりだろうと思っていました。ところが、そうなりません。さらに10日間の拘留がつきました。
結局は13日で、「処分保留」で釈放されましたが、ただの会社員のAは大変なことです。彼はすぐに会社に「進退伺(しんたいうかがい)」(と辞表)を提出しました。社長がいい方でそんなものを受け取らなかったのですが、Aにはとんでもないことでした。Aもあとで反省していました。やはり弁護士を確実に依頼すべきだったというのです。間違いなく、すぐに釈放になっていたでしょう。そうしたら、会社にも家族にも、友人にもあんなに心配と迷惑をかけることはなかったのです。
誰もが、その現場になってしまうと、やはり知っていれば良かったというのが、まともな弁護士の存在です。ただ、そんな人をいつも知っているわけにはいかないでしょうから、そうした時に、この「救援連絡センター」を知っているのは大事なことだと思うのですね。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。