11122005 テレビの報道番組で、全国の「荒れる成人式」を見ました。「なんで、今の若い子は成人式なんて出るのかな」という思いで、この数年いましたが、それでも私の娘二人の成人式昨年とおととしには、あんなことはなかったようです。1年で若者が変わったのかな。
 さてそれで、高松市の市長は、このときに市長あてにクラッカーをぶつけた若者5人を告訴だか告発だかするそうです。「威力業務妨害」だということです。でもこれって、間違っていませんか。テレビで見ていた限り、あの程度の妨害なら、職員が5人でもいて、「コラッ! やめないか」と声をあげて、身体で止めれば防止できていたことですよ。それでもやるのなら、「威力業務妨害」だろうが、「暴力行為」だろうが、とにかく違法な行為をしているのだから、職員がその当事者の若者を逮捕すればいいんです。
 刑事訴訟法に

  第二百十三条 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを
                逮捕することができる。

                        (「周の刑事訴訟法」を参照ください)

とある通りです。誰でも逮捕することができるんです。それを、もう事が終わってしまってから、警察を使うなんて、どうかしています。
 これはこういうことですよ。目の前で、女性が暴漢に襲われて、それを何もしないで見ていたのに、あとから、告発するのと同じです。あとからでは、その女性が犯されてしまった事実は消えないのです。自分たちの市長が、無謀な若者に犯されたのを黙って見ていて、それであとからよくまあ告訴とか告発ができるものです。あの職員たちは、なんで身体で止めなかったの。それが仕事じゃないの。
 私周は、小男でして、武道も何もしたことがありません。ただし、過去これに類似したようなことがあったことが何度かありました。なんかの集まりで、どうしてか若い奴で、訳が分からないまま、結果としてその集まりの邪魔になるような行為をしちゃう連中がいるんです。私は必ず、出ていきまして、それを止めました。もう面倒だから、酔って分けが判らなくなっているようなのは、最初からいきなり顔を殴ります。いきなりやらないと、私よりでかい奴には敵わないからなあ。やるときは、もう10数発両手で殴るよ。下駄でもはいているとそれで殴ります。手でやると手がいたいからなあ。
 情けない大人たちを見ました。