14f087ee.jpg

 12月13日に、かにた婦人の村と「噫従軍慰安婦」(1998.04.27)に、nogaさんから以下のトラックバックがありました。

1. Posted by noga   2011年12月13日 05:48
日本人の歴史の勉強のテーマは、沖縄戦と南京虐殺と従軍慰安婦にテーマが絞られている感がある。その内容は、学校で詳しく教えられているのであろうか。その勉強は、我々の日常生活に役立っているのか。日本人の哲学と関係があるのであろうか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

 いえ、少なくとも私は中学でも高校でもこれらはまったくなかったと記憶しています。ただ、私はこの「かにた婦人の村」を訪れたことは、実に良かったなあと思っています。 私の娘二人が、阪神・淡路大震災(1995年(平成7年)1月17日(火))にそのあと行きましたものでした。実にいい経験だったと思います。
「フーテンの寅」でも、寅さんが、この震災の跡地で、ボランティアをしている姿があったものでした。
 忘れてはならないことが、この日本にもいくつもあり、それは文書なり、写真なりで、歴史の上でとどめて置くべきです。
 そして歴史なり、いわゆる社会科で繰り返し教えるべきだと思っています。