12010617 昨日(14日)に、私のホームページ上で、「クリック」という言葉を載せていたところを表現を変更しました。
 例えば、

  上の「MENU」をクリックしていただいて

というところは、

  上の「MENU」からお入りください。

というように訂正変更しました。これは昨日帰宅のとときに

  ヤコブ・ニールセン「ウェブ・ユーザビリティ」

という本を読んできたのですが、そこで指摘されていたことでハッとなったからです。

  ハイパーテキストのリンクに使うアンカーテキストとして、
  ”Click here”の使用を避けるのは、ウェブデザインでは以前か
  ら言われているルールである。その理由は、第1に、マウスを使
  う人なら確かにクリックするだろうが、身体に障害があったり、
  タッチスクリーンなどマウス以外の機器を使用しているとクリッ
  クできないからだ。第2に………………………。

 まったくこの通りです。なんでこんなことにもっと早くから気がつかなかったのだろうと反省しきりです。
 さて、きょうは、「将門Webマガジン第4号」を発行する予定ですから、これから必死になります。なんだか、もっと余裕をもってやりたいな。(09月15日 01時58分)