12030810 私の「リー&笑美の只見日記」のホッケの飯鮓(すし)に、笑美さんが、次のコメントをくれました。

1. Posted by 笑美   2012年03月07日 10:28
周さん、いつもコメントが遅くてすみません。優しいなんて書いていただいて、もったいないです。
そういえば、東京では通りすがりの人は、たくさんいるから、全部景色の一部でしたが、只見ではすれ違う人も少ないので、会う人にみんな挨拶するんですよ。
これは田舎の良さですね、きっと。リーも只見に来て近所のおばあちゃんたちに可愛がられ、本当に良かったと思っています。田舎暮らしは厳しい面もあるけど、みんなが大事にしてくれて、人の優しさを感じ、助け合える、いい面も沢山ありますね。夏の水害の時もそれを実感しました。
引っ越してきた当時、私も「よく只見に来てけやった」とみんなが暖かく迎えてくれたのを思い出します。

 これは私はよく理解できるんですよ。私が暮らしたところでは、沖縄(の都会ではないところですが)がそうでした。いや那覇市やコザ市の沖縄の人もそうなのですがね。私はだから、沖縄が大好きなのです。
 そういえば、私は札幌にも同じ雰囲気を感じています。札幌というのは、いわば実に都会で(私が住んでいた昭和29年30年31年もそうでした)、私なんか、当然嫌いなはずのところなのですが、でもでも私は今も好きな街であり、好きな都市なのです。
 そうねえ、好きになれないのは、名古屋と鹿児島かなあ。横浜はまったくダサい感じでいやでした。
 今自分が住んだ都市、住んだ街を指で折りまして、数えてみたのですが、15くらいで分からなくなるのです。20は行かないと思うのですね。
 いやなんだか情けないです。考えてみれば、私は今は東京の北区王子に住んでいるんだなあ。想像もできないことでした。
 思えば、30歳を過ぎてからも、いくつもあちこち住んだものでしたね。