12031306 現在の俳句と短歌の違いをいえば、やはり俳句のほうが様式として新しく、ひとりでにモダンな要素を醸し出す表現であるといえるのではないか。同じ作家が短歌も俳句もつくるとすると、短歌のほうがどうしても古いと感じられる。
 今、俳句を詠む人が短歌に比べて多いのは、より短いために入りやすいということもあるが、俳句のほうがモダンな感覚を盛り込みやすく、現在の感性でも容易に入っていけるのだと思う。
「現代日本の詩歌」『俳句という表現』2003.04.30毎日新聞社

 このことがこの私にも身体で理解できるような思いです。もともと私は短歌も俳句もそして現在詩も苦手意識ばかりなのですが、それでもたしかに俳句も現代詩も、その表現が他の文でも容易に生かせるような思いがありますが、短歌だけは孤立しているような思いになります。逆にいうと、まだ私は短歌のほうが比較的親しみがあるのです。