12031503 私のブログは、パソコンの前でなく、リビングで書いているものを「周のポメラ」といい、IS01で書いているのは、「周のIS01ブログ」としています。

2012/03/15 18:19今私のブログで、目森一喜さんのコメントにレスをしたのですが、その中で上田敏の「信天翁」(「海潮音」という詩集の中のボードレールの詩です)が私には大変な問題になりました。「信天翁」をどう読むかということです。私は高校2年のときから「おきのたいふ」と読んできていたのですが、私がさきほど見ました青空文庫では、「おきのたゆう」と書いてあるのです。実はもちろん、私はこの読みも知っていました。でも正しくは、「おきのたいふ」だと思っていたのです。
 私は常にこの詩をすべて暗記暗誦していましたが、でもこれでは何もなりません。
 もっとちゃんとしていきましょう。
 それと、このポメラでも上に書いていくのも大変でした。とにかく私は今では、もう何でも単語登録しています。そうしないとこのポメラでは書けないのですね。
2012/03/15 19:12今妻と話していました。今日の3月15日の日経新聞夕刊の7面の「謎解き5番勝負」で、「臥薪嘗胆」という回答なのですが、このことに関するいくつものことを思い出しました。「天莫空勾践 時非無范蠡」。これは児島高徳が後醍醐天皇に差し出した歌です。

 このポメラでは、実に書くのが大変です。もう上に書いたことでも、どれくらい単語登録したことでしょうか。もう大変な量の数の単語登録をしています。勾践も范蠡もでないのだものな。私は妻に、さらに呉王闔閭、夫差のことも言いました。西施のこともいいました、さらには伍子胥のことも、そして孫子(孫武)のことも、東施のことも(ただし、この女性は海音寺潮五郎の創作です)思い出していました。