12032305 またこうしてポメラで書いてUPします。

2012/03/24 04:23もう私のブログにはUPしました。ツイッターもやりました。いえ、ツイッターはこれからでもやれるわけですが(そうだ、このあとIS01でやろう)、IS01でもやるべきだなあ。
 今IS01でツイッターしました。すぐに私のブログ「将門Web」でも「ポッドキャスト将門」でも書かれて、見られることでしょう。
2012/03/24 04:48今いくつか、このポメラの辞書をさわりました。いくつかの単語が複数登録されていたのです。いくつか削除し、そしてまた別にも登録しました。
2012/03/24 05:13どうしてもいくつものことをやってしまいます。しょうがないものですね。
 私は自分は文章を書くことには他の人よりは慣れているという思いこみがありました。だが、じゅにの見舞いをしていたときに、見事それができていないことを痛感しました。毎日ケータイメールで、妻、長女おはぎ、ミツ君にじゅにのことを報告していたのですが、おはぎから、「パパのは少しも分からない」と言われて、もう私はものすごく反省して必死に書くようになったものです。
 昔の年賀状だと(ほとんどの人が)、あたりさわりのないことを書いてきます。私もそうでした。でもケータイメールでは、それでは困るのです。具体的にじゅにの状態を報告する義務が私にはあるのです。私はもう大いに滅茶苦茶に反省しまして、それからは必死に書いて行ったものです。分かるように具体的に書くことが大事なのです。
『「書き言葉」と「読み言葉」』ということを思います。この列島で、日本人は日本語を一万年くらい前から使っているのでしょう。それが読み言葉です。でも私たちと同じ書き言葉を使ったのは、まだ千年か、千百年くらいしか経っていないのです。
 このことを強く思います。

 このことは大きなことです。そのことをおおいに分からないといけないのです。私自身がよく分かっていなかったのです。吉本(吉本隆明)さんは、それを言っていますが、明快に展開される前に亡くなってしまいました。悲しいです。でも私は言うのを止めるわけにはいかないのです。