2012年05月23日

吉本隆明鈔集469「人間力を意識する」

12052012 結局、根本的にこの <自己としての自己> と <社会的自己> との分別あるいは分離というものを自覚していくしかない。それはいわば人間力を意識するということになるとおもいます。それができると、その精神性が外に現れたときには社会化して、 <自己としての自己> あるいは <個人的な自己> と混同することはあり得ない。外と内を混同することはありえない。あくまでふたつの自己の分離を自分のなかで自覚しないといけないわけです。その自覚というのは、ぼくの言葉でいうと人間力ということ自体の問題だというふうになってしまうんですね。
『還りのことば』2006.5.1雲母書房「記<空隙>より出る言葉」

 私が自覚できているはずだと思い込んでいる「人間力」ですが、でもよくよく考えると、このことができ得ているのかということを、絶えず自分に問うていかなければならないなと気がつきました。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔