2012年05月30日

吉本隆明鈔集470「自己への配慮」へ目森一喜さんからのコメント

12052905 吉本隆明鈔集470「自己への配慮」目森一喜さんから、次のコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜   2012年05月24日 16:39
 フーコーに限った話ではありませんが翻訳が怪しいですね。そのためにわかりにくくなっている・・・いえ、わかるわけのないシロモノに成り果てている場合が多いです。
 フーコーの主著というと「言葉と物」でしょうが、アレもどうかなと思う所があります。
 フランス語は出来ないのでどうしようもありませんけれども。

 私なんか、フランス語もなにもまったく分かりません。フーコーも読んでも、彼の著作はよく分からないです。ただ、吉本(吉本隆明)さんとの対談は良かったですね。ただし、そばで翻訳している人が、どうにも私には気に入りませんが。ただ私にはフーコーさんがけっこう遠慮がちに思えたものです。
 あの対談で言われたように、『言語にとって美とはなにか』なんか、フランス語に翻訳されたのかなあ。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔