今日の「周のポメラ」に「黒書院の六兵衛」のことを書いていないことに気がつきました。

12071810120718112012/07/18 17:12この「周のポメラ」の今日の分に、「黒書院の六兵衛」のことを書いていなかったことに気がつきました。新聞をデジカメで撮ることはやっていたのですが、でもこの日経新聞の連載小説のことは忘れました。それはこの今日の小説の内容に興味を覚えなかったからです。
 私はそもそも武士なんていう存在は嫌いなのです。とくに江戸時代の武士なんて大嫌いです。だから、この小説の今日の隼人と海舟の話はよく分かるのですが、最後の二人の掛け合いなんか、もう武士そのものにも、そしてそのバカタレの武士である二人にも嫌になってしまうのです。だから、もっと興味を持つのだろう、二人の掛け合い算盤勘定も私は興味がなく、この小説全体を忘れてしまったのですね。
 ほんとうに、私はしょうがないですね。

 そもそもデジカメで撮っていないことに気がつき、焦ったのです。