120908041209080512090806 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」で、昨日のUPが以下の通りなのです。

従姉妹には 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月 8日(土)15時46分16秒
  三人の子供がいたのですが、一番上の子は年も離れていたので、いつも「お姉ちゃん」らしく、下の二人の面倒を見ていたものです。二番目が男の子で、すぐ下に、次女がいました。食事時、男の子は、母親などに話しかけながら、ゆっくりと食べるのですが、一番下の次女は、いつも素早く食事を進め、自分の「オカズ」が無くなると、横でおしゃべりに夢中の、お兄ちゃんの分まで、さっさと頂いてしまいます。後で気づいた男の子は泣いて母親に訴えるのですが、肝心のオカズは、もう、妹のお腹の中ですから、母親も苦笑するしかありません。

そんな兄弟姉妹たちも、もう、皆、子供を育てています。同じ親から生まれた子供たちも、それぞれに個性があるものですね。

 これを読んでものすごく私も思い出しました。二人の娘をものすごく思い出すのと、孫たち四人を思い浮かべます。
 二人の娘では、妹のブルータスのほうが大変に聞かない娘でした。でも今では、それを口に出さないようにしました。反省しているブルータスがものすごく可哀想なのです。
 昨日も長女の家に行きました。まだ二歳のポポが実に聞かない子です。姉のポニョがとっても優しいです。でもいつも、「今日こそ、ちゃんとポポを注意しよう」と決意しているのですが、そばに行くと、駄目なじいじになります。ポポが可愛くて仕方なくなるのですね。これは困った事態です。
 またちゃんとしようという決意ばかりしています。

 写真は昨日長女おはぎの家で、途中で私が買ってきたものです。でももうポコ汰がプールから帰ってきたときに、もうそんなに喜ばないのですね。もう赤ちゃんではなく、子どもなんだなあ、と思ったものです。少しさびしいじいじなのですが。