12090912 私の『周の雑読備忘録「小阪修平『思想としての全共闘世代』」の2へ「当時の芝浦生」さんよりコメント の3』へまた次のコメントがありました。

1. Posted by 当時の芝浦生より   2012年09月09日 14:20
いえいえしつこいなんてとんでもございません。闘争で1年先輩であれば、国際反戦デーも含め、教育大闘争にも詳しく、直ぐの、僕の師匠である、後に学生インターの委員長になった先輩は「反戦連合がやられたらしい。。」とのサラリとした分析を言って、早めにバリケードから去り下宿へ帰りました。「反戦連合」と言われてもただキョトンとして、では2号館にきたグループはどちら?みたいな当時の自分でした。ですから周さんのお詳しいレスには大変史実として参考になるものがあり「事件」ではありませんでしたし、やられたからやりかえした行動ではなかったことが、今わかります。周さんは30年経て滝沢さんのお墓参りもし、親御さんからたくさんのお酒をいただいたようですね。失礼な言い方かもしれませんが、埼大の襲撃は、マル学同盟員も含めてたくさんの戦闘的学友のみなさんにとって「知らぬは埼大の学生だけ。。」そんな事態だったようです。はじめてわかりました。はじめての「内ゲバ事件」とのとらえは間違いではないでしょうか。

 ええと「周さんは30年経て滝沢さんのお墓参りもし、親御さんからたくさんのお酒をいただいたようですね」は、私ではありません。あのときは、私は用がありまして、いけませんでした。行きましたのはNさんたちではないかな。Nさんは私とずっと付き合いのある方です。ただし、彼はこうしたインターネット上でブログ等を展開されるのは無理なようです。まあ、みんな60歳を過ぎていますからね。ただし、私は30代前半よりパソコンを使っております。
 前に、私の友人たちが私のこのブログも実際に読むのが大変だと言っていました。私のはただただ量が多いだけですからね。私はただ『「書き言葉」と「話し言葉」』では、書き言葉を優先してやっているだけです。だからケータイメールやメールだけではなく、手紙も書いているのです。手紙も圧倒的量を出していますよ。でも手紙を出しても、怒られることもあって(周ちゃんのは、面倒な漢詩が12090913長々と入っていて、面倒なんだそうです。あ、怒ったのは可愛い女の子です)、私はお付き合いが大変なのですよ。
 私は手書きの時代もよく手紙は書きましたが、今はパソコンでやれますからね。ただし、手紙はプリントする用紙と、貼るシール・切手はちゃんと凝ったものにしているつもりです。