12091205 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」で、以下のUPがありました。

ホームページと「私」について 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月12日(水)17時44分53秒
  周さんが、

 家族のことについて、発言がありませんね

という意味の書き込みをしてくれましたが、これは、当方がこのホームページを始めた時からの不文律のようなもので、「私」に関わる事柄は極力書かない様にしております。ご了承ください。子供たちの世界だけでなく、大人の世界でも自己主張は大事なことですが、余りに度が過ぎると、今度は「自己中心的」だとして疎まれます。要はバランスの問題なのかも知れませんが、難しい所です。その点、インターネット・ホームページでは、自己の考えや感じた事柄をそのまま描き表わすことも可能ですから、何らかの主張を持つ人たちにとってネット社会は便利なものだと捉えられているのでしょうね

 了解いたしました。ごめんなさいね。
 実はね、私の本心は、ダダさん、藤田さんに手紙を出したいなという思いだったのです。私はこうしてインターネット上でブログを展開し、私の「周の掲示板」と「ダダさんの掲示板」には、いつも毎回何かの画像もUPしています。そして「ダダさんの掲示板」については、私のブログでも私自身の思いを書くようにしています。私のその思いも一緒に書いてしまったのなら、あまり長くてしょうがないだろうと思うからなのです。
12091206 でも私は昔から手紙もよく出しているのです。とくに、今は手書きでなく、パソコンで書けるのは実にいいのです。昔は、私の書いた汚い字では嫌になったものです。「字なんか汚くてもいい、心からそのまま自分の思いを書けばいい」なんていうのは、まったくの嘘です。
 私の妻は実に綺麗な字を書きますので、それはうらやましくてなりません。そして今関西の方からの葉書を読んでくれました(いや、あまりにも達筆で私が読めないのでした)。
 私は今年のパソコンで作成した年賀状にもいくつか、手で書き入れました。でも途中で本心から嫌になりました。あんな汚い字では相手の迷惑ばかりでなく、書いている私が本当に嫌になります。
 私は2008年には全部で600通を越える手紙を書きました。その後は毎年100通ばかりです。
 でも今は、どうしても手紙より、このブログで書くことのほうが多くなっています。
 だから手紙もちゃんと出したいのです。私はいつも和紙の手紙用紙をいくつも(幾種類も持っています)使い、綺麗なシールで封をして、記念切手で出すように(このところ普通切手が続いています。だっていっぱいあるのだもの)しています。
12091207 思えば私は昔から手紙は書いているのですね。もちろんメールは手紙以上に多く出していいるわけですが、今後はどうしてもメールのほうが多くなるのかなあ。いや今ケータイメールも出していますね。
 ただメールもケータイメールも、何故か私を憎悪している人がいるのか、ひどいメールが入ってきますので(もうケータイメールアドレスを変えて無くなりましたが、あメールは防衛システムがしっかりやってくれます。そして今後も公開しません)、今後はものすごく注意してまいります。