201811120102 12110913私はこの「司馬遷『史記』」を思うと、どうしても司馬遷という人の偉大さを感じます。司馬遷の生涯は紀元前145年(135年か)から紀元前87か86年です。日本はまだ聖徳大使が生まれるずっと前です。
そして私は、これに比べてヨーロッパの歴史関係の書籍も思い出します。
私には、「ヘロドトス『歴史』」、「トゥキュディデス『歴史』」(『ペロポネスス戦史』という訳本(岩波文庫)もある)、「プルタルコス『対比列伝』」(プルターク英雄伝)という訳本(岩波文庫)もある)を合わせたような書物だと思います。量的にもそのくらい莫大な内容・量のものです。
私は「プルターク英雄伝」は高校2年で読み、「ヘロドトス『歴史』」は大学6年で読み、「トゥキュディデス『歴史』」は鹿児島から沖縄まで行く船の中で読んでいたものです。
ただこの「司馬遷『史記』」は高校一年の9月に、ずっと授業中読んでいました。
12111003「プルターク英雄伝」は横浜日の出町の「山手英学院」という予備校に夜行っていたときに読んでいました。あのときの学院での綺麗な女の子のことや英文解釈での「Animal Farm」を思い出すます。そのときの先生も思い出します。「プルターク英雄伝」もただただ長い本でしたね。
この「司馬遷『史記』」を読んだ思いがあって、他の長大な本も平気で読み下せた思いがします。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。