13012806 2013年1月28日のポメラに次のように書きましたように、

あとでこの「白波五人男」の五人の口上を書いてみます。高校時代はすべて暗記したものでしたね。

以下に書きましょう。高校時代には、歌舞伎が好きだとはいっても実際に見ることはできないで、河竹黙阿弥を文庫本で見るだけでした。たしか大学4年の秋に歌舞伎座で見たものです。誰の公演だったかは、すべて詳細に覚えています。
 以下が稲瀬川勢揃いの場の五人の口上です。

日本駄右衛門
 問われて名乗るもおこがましいが、産まれは遠州浜松在、十四の年から親に放れ、身の生業(なりわい)も白浪の沖を越えたる夜働き、盗みはすれど非道はせず、人に情を掛川から金谷をかけて宿々(しゅくじゅく)で、義賊と噂高札に廻る配附の盥越(たらいご)し、危ねえその身の境界(きょうがい)も最早四十に、人間の定めはわずか五十年、六十余州に隠れのねぇ賊徒の首領日本駄右衛門。
弁天小僧菊之助
 さてその次は江の島の岩本院の児(ちご)あがり、平生(ふだん)着慣れし振袖から髷(まげ)も島田に由井ヶ浜、打ち込む浪にしっぽりと女に化けた美人局(つつもたせ)、油断のならぬ小娘も小袋坂(こぶくろざか)に身の破れ、悪い浮名も竜の口土の牢へも二度三度、だんだん越える鳥居数、八幡様の氏子(うじこ)にて鎌倉無宿と肩書も、島に育ってその名さえ、弁天小僧菊之助。
忠信利平
 続いて次に控えしは月の武蔵の江戸そだち、幼児(がき)の折から手癖が悪く、抜参りからぐれ出して、旅をかせぎに西国を廻って首尾も吉野山、まぶな仕事も大峰に足をとめたる奈良の京、碁打と言って寺々や豪家へ入り込み、盗んだる金が御嶽の罪科(つみとが)は、蹴抜(けぬけ)の塔の二重三重(ふたえみえ)、重なる悪事に高飛びなし、後を隠せし判官の御名前騙(おなめぇがた)りの忠信利平。
赤星十三郎
 又その次に連なるは、以前は武家の中小姓(ちゅうごしょう)、故主(こしゅう)のために切取りも、鈍き刃(やいば)の腰越や砥上ヶ原(とがみがわら)に身の錆を磨ぎなおしても抜き兼ねる、盗み心の深翠(ふかみど)り、柳の都谷七郷(やつしちごう)、花水橋の切取りから、今牛若と名も高く、忍ぶ姿も人の目に月影ヶ谷(つきかげがやつ)神輿ヶ嶽(みこしがたけ)、今日ぞ命の明け方に消ゆる間近き星月夜、その名も赤星十三郎。
南郷力丸
 さてどんじりに控えしは、潮風荒き小ゆるぎの磯馴(そなれ)の松の曲りなり、人となったる浜そだち、仁義の道も白川の夜船へ乗り込む船盗人、波にきらめく稲妻の白刃に脅す人殺し、背負(しょ)って立たれぬ罪科は、その身に重き虎ヶ石(とらがいし)、悪事千里というからはどうで終いは木の空と覚悟は予て鴫立沢(しぎたつさわ)、しかし哀れは身に知らぬ念仏嫌えな南郷力丸。
13012807

 でも今はほとんど忘れてしまったといいましても、日本駄右衛門は覚えていますね。「問われて名乗るもおこがましいが」というのが忘れられないのかなあ。いやだんだん、他のセリフも思い出してくるものです。