J13040201 私が「あまちゃん」2013.04.01で、次のように書いたことです。

 それと前の「純と愛」に関する批判もあとで、書いて行こうと思っています。批判というよりも私が気に入らないことをです。

 このドラマでは、純という主役の子が、働くところがみなとんでもないことになります。こんなことが現実にあるのでしょうか。
 最初の「オオサキホテル」はトップの首がすげ替わります。また純が働きだした「里や」は燃えてしまいます。最後の宮古島のホテルは、台風が来て建物内が壊されてしまいます。
 私の生涯では、札幌に住んでいたときに、洞爺丸台風(1954年昭和29年9月26日)に遭いました。ちょうど秋田から遊びに来てくれていた渡辺さんという女性(もとの父の同僚)が、何故か「帰っちゃ駄目だ」という弟と私の理不尽な言い方に、その日は帰るのをキャンセルしました。でも乗る予定が、この洞爺丸だったのです。私たちのわがままが彼女の命を救いました。
 昭和35年9月に名古屋北区大曽根に住んでいた私たちは伊勢湾台風に遭いました。これはもう凄まじすぎる台風でした。あのときのことは忘れることはできません。
 でもこのドラマでは、純は実に可哀想です。私は何としても、愛が目覚めてほしいです。「ねむりひめ」は目覚めるのですから。
 私は「これはドラマだ。現実の世界ではないんだ」と何度も自分に言い聞かせていたものでした。