14111214
「源実朝『金槐和歌集』」4で実朝の以下の歌で

  春日野のとぶ火の野守(のもり)今日(けふ)とてや昔かたみに若菜つむらむ<

 この「野守」というところで、万葉集の額田王(ぬかたのおおきみ)のこの歌を思い出しました。

  茜(あかね)さす紫野(むらさきの)行き標野(しめの)行き野守(のもり)は見ずや君が袖(そで)振る

 額田王ってなんて可愛い女(ひと)なんでしょうか。このときの相手は大海人皇子(のちの天武天皇)なのですね。そして源実朝もこの歌は知っていたと思うのです。
 そして万葉時代の歌人をおおらかだと思ったものなのかなあ。いやいや血の匂を感じていたでしょうか。
14111215