2015年04月02日

ブルータスの小学生の時の作文

15032918
 この私の次女ブルータスの小学生の時の作文を読みました。たぶん、王子のお義父さん・お義母さんに読んでもらったものだと思います。原稿用紙に鉛筆で縦書で書いてあります。以下の内容です。別に書いても、問題ない内容だと思いました。
15032919

   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 夏休みの思いで ブルータス(本名が書いてあります)
 わたしは、8月15日から東京のおばあちゃんの家に行きました。その時は、わたしのおねえちゃんと二人で行きました。しっかりのりかえのことを聞いてホームを聞きました。
 まずきっぷを買ったら4つ目のホームへ行って上野行きにのってにっぽりでおりました。それから、のりかえを2回して、王子のえきに行きました。二人で行ったのでとてもえらいと思いました。はじめは、ドキドキしましたけど、行ってみたら、すぐ行けました。 8月18日になったら、きぬがわに行きます。きぬがわへ行ったらまずなにをしようかな、と思いました。日光江戸村へ行って、おんせんに入って、と、思っていました。
 8月18日になりました。とうとうきぬがわに行く日です。わくわくしてきました。電車の中でトランプをしました。わたしは、時々、まだつかないの?とか、あと何分?と聞いていたのに、ついてみたら、もうついたの?と聞きました。わたしも自分でおかしいと思いました。
 マンションに行って1日目なのに、日光江戸村の大めいろに行きました。雨がふってきました。ざーざーぶりになってきました。
 大めいろに行ってわたしはお母さんと組んでおねえちゃんは、お父さんとくみました。き、ぬ、が、わ、のところ全部に、行ってスタンプをおすのです。それできょうそうをしました。
 けっかは、わたしたちのほうが早かったんです。おねえちゃんたちはどうしても、ゴールにいけなかったので、とうとうギブアップドアで、でてきたのでのです。だからおねえちゃんがくやしくて、またあしたやろうといいました。
 かえったらおんせんに入りました。おんせんの中で、だれもいなかったので、スーイとおねえちゃんといっしょに泳ぎました。それででてみたら、かみに、「やくそく」と書いてありました。何がかいてあるかというと、プールがわりにおよがしてはいけません。とかいてありました。だからみんなでわらってしまったのです。
 つぎの日になって、さっそく大めいろに行きました。こんどは4人ばらばらでやってみました。わたしは、あせ水ながしながらはしりました。おねえちゃんが3こできたといっていたので、わたしは、あせってきました。
 ようやく4こできました。はしってゴールめざしていきました。そうしてると、ゴールとかいてあるところが見えました。ようやくゴールにたどりついたのです。時間のスタンプをおして、出てきました。そとにはまだだれもいませんでした。わたしはひょっとしたら1位かな?と、思いました。お母さんがつぎにでてきました。1分のさでした。おねえちゃんがでてきました。お母さんと3びょうぐらいちがいました。お父さんがいつまでもでてきません。どうしたかな、と思いました。お父さんはこう言っていました。よゆうで1位だっだと思たのに、ともいっていたしあとはよゆうのしゅうちゃんだったのに。といってました。しゅうちゃんというのは、お父さんの名前です。しゅうじというので自分でしゅうちゃんと言っているのです。それからウエスタン村という所へ行って本物のうまにものったりおみやげもかいました。ことしの夏休みは、さいこうにおもしろかったです。 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 これで最後に担任の先生が赤ペンでこう書いてくれています。
15040202




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔