15051804
これから野村澄子さんのお通夜へ行きます。もうすぐ赤羽です。こうしたことで昔の友人たちと会えるのは、もうなんといったらいいかわからないです。
しかし、人間は分からないものですね。一昨日鎌倉へ行く直前でこのことを知りました。澄子さんの優しいお顔を思い出します。
私もいつ同様のお迎えが来るのだろう。そのことを如実に思いますね。
そうだなあ。もうこれでUPしようかと思いましたが、もう少し書いてからにしましょう。 蕨だ。懐かしいな。
北浦和を越えるのですね。
ここらへんの駅は降りていないところはないなあ。いや、私は東京都内のあらゆる駅はすべて降りています。観光ホテルセンターという会社にいたからね。いくらでも思い出します。