15052508
255 閑古鳥寺見ゆ麦林寺(ばくりんじ)とやいう(安永三・四・一五)

256 山人(やまびと)は人也かんこどりは鳥なりけり(安永三・四・一五)

257 食次(めしつぎ)の底たたく音やかんこ鳥(明和八前)

258 足跡を字にもよまれず閑古鳥(明和六・四・一〇)

259 うへ見えぬ笠置の森やかんこどり(明和六・四・一〇)
15052509
 5つの句すべてで「閑古鳥」が詠まれています。256では「かんこどりは鳥なりけり」と書かれていますが、私にはその姿が分からないのです。我孫子の父の家では来ていたのかなあ。父に聴いておけばよかったとくやまれます。
15052510