15072501
340 藻の花や片われからの月もすむ(安永七〜天明三)

341 路辺(みちのべ)の刈藻(かるも)花さく宵の雨(安永六・四・二二)

342 虫のために害(そこな)はれ落(お)ツ柿の花

   浪華(なには)の旧国(ふるくに)あるじゝて、諸国の俳士を集めて円山に会延(くわいえん)しけるとき
343 うき草を吹(ふき)あつめてや花むしろ(安永二・六)

344 さみだれのうつほ柱(ばしら)や老(おい)が耳(明和六・五・二〇)
15072502
 343で「円山」とあったので、幼稚園の頃行きました札幌の円山(まるやま)公園を思い出しました。札幌のことはいくつものことを思い出します。懐かしいな。今インターネットで札幌の円山公園を見ました。それらの景色の記憶は甦らないのですが、「円山公園」という文字だけは懐かしいです。15072503