15091411
385 ゆふがほや黄に咲(さき)たるも有(ある)べかり(安永六)

386 夕貌の花噛ム猫や余所(よそ)ごゞろ(明和六・六・一五)

   律院(りつゐん)を覗きて
387 飛石(とびいし)も三ツ四ツ蓮のうき葉哉(明和年間)

388 蓮の香(か)や水をはなるゝ茎二寸(明和年間)

389 吹○(ふきがら)の浮葉(うきは)にけぶる蓮見哉(明和五・六・二五)
15091701
 いつものことですが、これを書くのはものすごく時間がかかります。インターネットが頼りなのですが、漢字林もおおいに頼りです。でも「386の夕貌の花噛ム」や「389の吹○(ふきがら)」のようにどうにもならないこともあるのです。そしてUPするときにまた大変な思いになります。15091702