15101802
 昨日は兄莞爾の三回忌でした。私たち王子じいじとばあばと上中里の5人家族(ただし、おはぎだけはお寺にはいけませんでした)で行動しました。

2015/10/18 05:56昨日の兄莞爾の三回忌は実に良かったです。我孫子湖北の正泉寺のお坊様のお話も良かったし、萩原のお墓を見ていたことも良かったです。そのあとの柏そごう12Fの美濃吉での法宴(ほうえん)も実に良かったのです。
 美濃吉では私の隣にはみーねえの長男が座ってくれて、いくつもお話しました。彼は立教大学の学生なのですね(今は20歳です)。
 彼と弟と正志の孫ともう一人の孫にはここにあげたハンコをプレゼントするのですが、それはここにあげました(印字面は見せられません)。ただ昨日はプレゼントできませんでした。ただ予想通り家に着いたら届いていました。
 こうして外側の色も違いますが、印字も赤・緑・紫・青と違います。私は今までいくつも頼んできたのですが、みな朱色でした(これがハンコの印字色だと思いこんでいたのです。私の4人の孫ポコ汰・ポニョ・ポポ・じゅにはみな朱色です。でもこれは印鑑ではなく、ハンコなのですね。だから私は考えを大きく改めました。15101801
2015/10/18 06:49もうまたこうして書いていきます。
 昨日はとてもいい三回忌でした。お坊様の話も良かったし、萩原のお墓を見るのも良かったです。新しい私たちの卒塔婆が見られるのも嬉しかったです。前のお坊様は、いつも「もともと私は坊主にはなりたくなかった(戦争のために三男だった私がむりやりこの寺の主になったのです)」という話(彼は横浜鶴見の総持寺出身でした)ばかりするのです。私は手をあげて、曹洞宗の思想を尋ねたことがあります。それ以降は、道元の話も釈迦の話もするようになりました。テレビを見ることがすごい方でした(昔から百万円を超えるすごい高価な大きなテレビでした)。その息子さんは私どものことをオギワラ(荻原なのでしょう)と呼びつづけ、私はこれも指摘しましたが、その後も少しも何年も改まりませんでした。これは本当にひどいです。宗教家は当たり前の常識がないと駄目だと私は思うのです。15100827
 もう今は住職も替わり(先代の住職は亡くなりました)、すべて変わりましたから、実にいいお寺です。私は大好きなお寺です。いままで嫌いだった道元が好きになったものです。


今はこうして昨日のできごと、三人の姪の息子二人と、もう一人の姪の息子ともう一人の姪の娘に(はとこです)このハンコをおくりますが、なにかほかのものも送ります。今から選ばないとなあ。
上から2番目の画像は義姉からもらったコージーコーナーのお菓子を入れていた袋です。15100828